慢性下痢の本当の原因


もう何年も前から慢性の下痢が続いています。
週に何度も下痢をしていて特に朝方がひどく、お腹が痛むことはめったになく、ただ下痢状態ということなのですが、まあお酒の飲み過ぎが原因かとあきらめていたし、朝余裕をもって起きて何度かトイレに行けば落ち着くので通勤にもさほど支障はない(たまに通勤途中で駅のトイレに駆け込むことはありますが)と思っていたところ、テレビで過敏性腸症候群というのを紹介していて、これかもしれないと病院に相談したら、いろいろと仕事のこととか聞かれ、「きっとストレスだよ。」とお医者さんは言って「イリボー」という薬を出してくれました。
自分はそんなにストレスは感じてないとは思いながら、薬を飲み始めてなんとなく効果があった(あったようだった)ので、しばらく続けてはいたのですが、症状は改善されたものの、どうもそれだけでは完全に治らないので、でも手立てがなくそのままにしていたのですが、またあるときに、ためしてガッテンを見ていたら「胆汁性下痢」というのを紹介していて、今度こそ、まさに自分はこれだと思ったのです。いわゆる食事をしたあとに、胆汁によって腸内に水分が多量に送られてしまうということらしいのですが、人によって過剰に反応して下痢を起こすひとがいるようです。

ためしに朝食を抜いてみたら、なんと、本当に下痢が起こらないのです。一度だけでなく、何度か試してみたのですが、やはり朝食がなんらかの形で影響してることは間違いなさそうでした。
それで、今度は胃腸科の専門のお医者さんに行って、これまでの経緯と、自分も胆汁性下痢ではないかと思うと相談をしたら、朝、どんなものを食べてますか?と聞かれたので、ご飯とお味噌汁、卵料理などと低脂肪牛乳とヨーグルトですと言ったら、先生は「まず、乳製品はやめなさい。あなたのようにお腹の弱い人にとっては、乳製品は下剤を飲んでるのと同じですよ。」と言われました。
お腹にいいものと思ってたのでちょっと驚きでした。
で、さらに、「整腸剤を出しておくから飲んでみなさい。出した薬がなくなったら、市販の整腸剤、ビフォフェルミンでいいから飲み続けなさい。」と言われ、朝の乳製品をやめ、ビフォフェルミンを飲み続けてみると、なんと、今ではかなり良くなっています。
関知しているわけではないので、あくまで招待的に良くなっているのですが、継続して様子を見ていきます。
実はビオフェルミンにはビフィズス菌などが配合されているのですね。腸内の善玉菌にちょっと敬意を表したいと思ってます。
もちろん、お酒を飲み過ぎた翌朝は今でも下痢しちゃいますが。。。

もう自分は50代後半でもあり、年に一度は胃と腸の内視鏡検査を受けています。
整腸剤というか、腸内の善玉菌がきっと作用したのだと思って、腸にいいものを食べるようにこころがけようと思っています。残念ながらヨーグルトのような乳酸菌の摂り方は難しいようなので、これから少しずついろんなものを試してみようと思っています。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP