アンデス地方の長寿の秘訣


南米ペルー、アンデス地方も長寿として有名です。
ビルカバンバ村など、いくつかの村は長寿の地域として注目されています。
長寿を支える食物としては、

  1. マカ
  2. ヤーコン
  3. 山羊、羊の肉
  4. ミネラル豊富な水

などが長寿の原因として取り上げられています。

マカは特に有名ですが、3,000メート級の高地で育ち、一度栽培されるとその土地の栄養を吸い尽くしてしまうため、一つの場所では6年に一度しか栽培できないと言われていて、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの他、18種の必須アミノ酸、アルギニンや亜鉛など滋養強壮、若返りやホルモンバランス調整など、さまざまな効用があるされていて、男性の精力回復だけでなく、女性の妊活などにも効果があると言われています。かつてスペインがこの地方を獲得したかった理由のひとつは、マカによって馬の繁殖力が顕著によくなったため、それを狙ったとも言われています。
最近では、その栄養価の高さが買われて、宇宙飛行士用の食材としても採用されているそうです。

また、ヤーコンはキク科の根菜で野菜として食されるほか、その葉はお茶として飲用されてもいます。
食物繊維や豊富なミネラルの他、フラクトオリゴ糖を含んでおり、究極のダイエット食材としても注目されています。

250px-Yacon maca-moradasss

 

 

 

 

 

 

アンデスの長寿の秘訣は、さらに摂取カロリーの低さと十分な運動量、高地ゆえの低酸素の環境で体を酸化することを防ぎ、循環器系を健康に保つなども一因と言われています。
この地方では、平均的な摂取カロリーは一日あたり2,000Kcalと、日本人の平均2,500~3,000Kcalよりも低く、さらに良く働き、良く歩くことで十分な運動を行っています。
質素が生んだ長寿とも言えるかもしませんが、このような環境、食事から、われわれも学ぶところは多いかもしれません。

 

 


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP