発酵食品と食物繊維のベストマッチ


「腸の健康」は、単に便秘や下痢などの腸そのもののトラブルだけでなく、肌荒れや老化、ダイエットなど、美容、健康に関して様々な影響があるようです。
しかし、定期健康診断でも、実はあまり腸そのものについて直接的にチェックはかかっていません。
腸の健康は、もう一度しっかりと見直したいものです。

悪い腸

腸の健康を保つためには、腸内の菌の割合(腸内フローラ)が重要なポイントになります。
腸の活動を活性化させ美容、健康にいい働きをする善玉菌と、腸内に毒物を生成し、血液を通して体中に毒素をばらまく悪玉菌と、そのどちらでもなく、強い方に味方する日和見菌の3種類の菌が存在し、その割合が(善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1)になることが腸内フローラがベストな状況だと言われています。

腸内フローラ

腸を健康にするには、発酵食品と食物繊維が非常に重要な役割を果たすと言われています。

腸美人

発酵食品によって、体内の善玉菌(長寿菌という言い方もある)を増殖させることが知られています。
また、善玉菌のエサとなる食物繊維を合わせて摂ることで、美容、健康、ダイエット、アンチエイジングに高い効果が期待されています。

また、食物繊維も水溶性と不溶性の二種類に分別され、水溶性1に対して、不溶性食物繊維2の割合で摂ることがベストな組み合わせと言われています。

水溶性食物繊維は、大麦、玄米などの穀物入りご飯や、大豆、納豆などの豆類、野菜でいうとゴボウ、玉ねぎなどの根菜類、その他キノコなどに多く含まれます。
不溶性食物繊維は、インゲン豆、小豆、おから、エリンギ、きりぼし大根やアーモンドなどにも含まれています。
一般に、水溶性食物繊維は、ビフィズス菌などの長寿菌のエサになり、不溶性食物繊維は便をスムーズに出す効果があると言われています。
また、善玉菌のエサになるものとしては、オリゴ糖も大きな効果があると言われています。

 

食物繊維のお勧めサプリメント

  • えん麦のちから

    ・玄米の9倍の食物繊維
    ・水溶性と不溶性が理想の1:2の割合
    ・βグルカン100mg
    今なら、通常5,000円/月 ⇒ 2,980円(初回限定)



    「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

     

  • 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

    ・さつまいもの29倍の食物繊維
    ・乳酸菌100億個
    ・クマザサ粉末
    ・上品な甘さで飲みやすい!!
    今なら、通常4,320円/月 ⇒ 2,160円/月



新感覚!ジュレタイプの青汁【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】

 

 

スポンサーリンク

 


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP